法人向け顧問契約の顧問弁護士ナビ TOP » 顧問弁護士のメリット

顧問弁護士のメリット~気軽にご相談頂ける弁護士として~

企業様が法律問題に直面した際、弁護士に相談するには「スポット型」「顧問契約型」の2種類のご相談形態があります。

「当社ではまだそれほど法的問題に直面していないので(顧問弁護士は)しばらくいらない。」という企業様も多いかと思いますが、多様性を増す社会において今後大きなトラブルに遭ってしまうかもしれません。

迅速対応、どんな小さなご相談でも気軽にできる「顧問弁護士」がいることで、今後起こりうる法的トラブルを未然に防ぐことができます。

スポット型(個別契約型)
企業が弁護士に相談したいことがある毎に、その都度契約をして法律相談をする形態です。
既にご相談内容が決まっている場合(多くはトラブル関係)等でこの形態を利用されることが多いのですが、新規事業におけるアドバイス、トラブルの予防や法律の専門家による契約書等の確認などの相談には不向きな形態です。
顧問契約型(定期契約型)
弁護士と顧問契約を結ぶことで、顧問弁護士にいつでも法律に関するどんなに小さい相談もすることができます。
さらに「スポット型」と比べて料金が割安になることが多いのも特徴です。
会社経営において様々な法律にふれる機会が多いため、迅速にご相談に乗れる「顧問契約」を結ばれることをお勧めいたします。

顧問弁護士を活用するメリットをご紹介

いつでもすぐにご相談可能!
顧問弁護士がいることで、何か起きたときにすぐに相談が可能です。
「スポット型」の場合だと、相談したい内容や都合にあわせて、まず「どこの弁護士事務所に相談したらいいか」を一から探すことになります。
そのため実際に相談する段階の時には日にちが経過し、対応のスピードが遅れてしまったり、トラブルが拡大してしまう、といったリスクが上がってしまいます。逆に顧問弁護士がいれば、いつでも困ったときにすぐに連絡して相談ができるため、迅速な対応が可能です。
会社の状況を理解しているため迅速かつ適正な処置をしてもらえます。
顧問弁護士は企業が病気(紛争など)にならないために予防をする「かかりつけの医者」のような役割を担っているため、ご契約企業様の状況を常に把握し、トラブルが起きた場合でも、その状況に応じて適正な処置を素早くとることができます。
どんな小さな事でも気軽にご相談いただけます。
例えばトラブルが起きてしまったときに、法律問題に関わることなのか、この事案は弁護士に相談したほうがいいのか判断に迷うことがあるかと思います。
弁護士と聞くとなんとなく敷居が高いイメージがあるので、なかなか聞きづらい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合でも、顧問弁護士は気軽に相談をすることができます。
また、「契約書のこの条項だけ確認してほしい」といった事や「このようなケースの場合、どういった対応をするほうがいいのか簡単に確認しておきたい」というような細かい相談についても顧問弁護士がいることで、いつでも気軽に相談することが可能になります。
社外からの信頼もアップします。
自社に顧問弁護士がいることを社外に示すことで、経営者が法令順守(コンプライアンス)の意識を持っていることを内外に示すことにつながり、その結果、企業の信頼が上がる事へとつながります。
法務コストを削減。
コンプライアンスの重要性が日に日に増している昨今では、特に大手企業では法務部門の強化に力を入れています。
ですが、中小企業様の中には、法務部門にまで力を入れたり手を回す余裕がないというところも多いのが現状ではないかと思います。
そのため、法務部門のない中小企業では、トラブルに直面した際、専門の部署が解決することはなかなか難しい状況に陥ってしまいます。
そのような時に顧問弁護士がいれば、企業が直面したトラブルを一括で相談することが可能になるので、その分、法務部門にかけているコストを削減することができます。
顧問弁護士がいることで、その企業の法務部門も顧問弁護士とのやり取りによって法律に詳しくなり、結果、法務部門の強化にもつながります。

WEBからのお問い合わせ

ページトップ