法人向け顧問契約の顧問弁護士ナビ TOP » よくあるご質問

顧問弁護士に関するよくあるご質問

顧問弁護士に関してよくいただくご質問をご紹介いたします。

顧問弁護士とはなんでしょうか?
法人(個人)顧問契約を結んだ弁護士の事で、毎月一定額の報酬を支払うことで、顧問契約の範囲内でいつでも相談することができるようになり、法的な問題等を事前に防ぐことができるようになります。
顧問契約を締結するとどんなメリットがあるのでしょうか?
どんな小さな事でも気軽に相談ができるので、法的リスクを回避をすることが可能になります。
また、会社のことを常に把握してもらえるので、会社の現状を理解した上で話を聞くことができ、スムーズな相談が可能になります。
万が一、不測の事態や問題が起きた場合でも、相談予約や会社のことを一から話す必要がないので、迅速な対応ができます。さらに、顧問弁護士がいることで、社外に対しての信頼や説得力も上がります。
問題が起きた時だけ依頼した方が費用が安く済むような気がするのですが・・・?
弁護士は問題が起きてから相談するものと思っている方が多いようですが、顧問弁護士に関しては、問題が起こる前に専門家に相談できるため、様々な危険を回避することができます。
顧問弁護士費用も非常にリーズナブルで、訴訟問題などに発展して多額の費用が発生してしまう事を考えると大変お得であるかと思います。
その他、問題が大きくなってしまうと、大事な取引先などからの対外的な印象も悪くなってしまい、会社の業績にも悪影響を及ぼす事も考えられます。
普段から気軽に専門家に相談できる環境が整っていれば、このような事態を防ぐことができるのです。
具体的には何をしてくれるのでしょうか?
法的問題や法的紛争等を未然に防ぐための法務を実施するため、契約期間の間、継続的に法律相談をすることができます。
顧問契約で定められた範囲内であれば、法律相談はすべて無料です。言い換えれば、選任の法律相談役といった存在です。
また、顧問弁護士は特定のことしかできない決まりがあるわけではありませんので、顧問契約で別の業務を追加することも可能です。
例えば、契約書や法律文書などの作成・チェックなどがあります。
電話やメールでの法律相談も可能でしょうか?
はい。顧問契約のご依頼者の方は電話・メール・その他の方法による法律相談も承ります。

WEBからのお問い合わせ

ページトップ